吉祥寺の水口病院にわたしが満足しているワケ

人間、未来に何が待っているかなんてわからない。だから、できる限りのことを最大限にやっておくという考え方は間違っていないと思うし、そういう生き方は素晴らしいと思う。ただ、人によっては一度きりの人生だから、思いっきり自分らしく生きていくという方法についても賛同できる。ただ、それによって発生するリスクには十分に注意したいところだ。ところで、わたしは吉祥寺にすんでいるんだけども、そうしたリスク管理の一環として体調を吉祥寺の水口病院にて管理している。わたしのオフィスが吉祥寺の駅にとても近いこともあって、ちょうど通り道に水口病院があった、というのが大きな理由ではなるが、現状としては非常に満足している。ちょっとしたタイミングで立ち寄って、皮膚の調子がどうだとか、最近寝つきがどうだとかって世間話で相談できるという気安さも手伝って、水口病院はわたしのライフスタイルの中にすっぽりと取り込まれてしまったようだ。これからも重宝させてもらうつもりだ。

わたしが吉祥寺の水口病院に足を運んでしまう理由

吉祥寺の水口病院に最近はよく、お世話になっています。どこかが悪くなっていなくても、なんとなくついつい立ち寄ってしまうのは、あるいみ寄り合い所のような様子が病院という空間ににはあるからかもしれません。場所柄、なかなか足を伸ばせない人にとっても、少しふらっと立ち寄るにはちょうど良い立地にありますし、わたし自身の知人もいつの間にか増えていて、治療に吉祥寺の水口病院に足を運ばせてもらっているのか、はたまた遊びに足を運んでいるのか、といったところになりつつあるのが、なんだか無性に可笑しくて、気付いたらまた、病院に足を運んでいるんですからなんともはや、という話です。わたしは吉祥寺の水口病院くらいしかそういう雰囲気をもった病院を知らないんですが、ほかのところも同じような状況なんでしょうかね?わたしが聞く限りでは、そこまでの事はなくとも、それなりにコミュニティーがあって、寄り合いとまではいいませんが、仲良くやられているそうで。